【先着10名様】ウェブカツ本入部で5,000円プレゼント

【未経験OK】Webマーケティング転職で役立つおすすめ転職サイトとエージェント

Webマーケティング
  • Webマーケティンング業界におすすめの転職サイトは?
  • 未経験でも転職できるの?
  • そもそもWebマーケターってどんな仕事?

このような疑問に現役Webマーケターの私が答えます。

 

Webマーケティングの需要はものすごい勢いで伸びています。

特に昨今の外出自粛により、Webマーケティングに注目する企業が爆増しています。

そのため未経験OKの求人数が増えてますし、年収は以前より高くなっているように感じます。

Webマーケティング業界に転職するなら今が狙いどきです。これは間違いありません。

本記事では、Webマーケティング業界に転職するのに役に立つ転職サイトと転職エージェントを紹介していきます。

転職する際の注目ポイントやWebマーケティング業界の仕事、年収アップの方法なども解説していきますので併せてご参考ください。


この記事を書いている人

Webマーケター歴2年。専門はSEO。
個人ブログで月100万円ほど稼いだ経験をきっかけに、Webマーケティングの専門スキルをつけたいと思い転職。
現在は複数社のSEOコンサルタントを担当。

Webマーケティング転職で役立つ転職サイトとエージェント

Webマーケティング転職でおすすめの転職サイトとエージェントは以下の3つです。

マスメディアン

マスメディアンは宣伝会議グループが運営している転職サイトです。

Web・広告・マスコミ関係の求人に特化しており、マスメディアンにしかない極秘求人も取り揃えられています。

マスメディアンの特徴
  • Webマーケティング求人の質が高い
  • 未経験可と高年収の求人多数
  • 転職支援実績は4万人超え

マスメディアンを利用した感想

私はWebマーケティング業界は未経験でしたが、マスメディアンを利用して転職に成功しました。

マスメディアンの知名度は低めですが、だからこそライバルが少なくて転職しやすい環境なのかなと思いました。

未経験可で年収高めの求人が多く、ここでしか見たことない求人も多数ありました。

未経験でも年収400万円超えの求人はざらにあります。

私はエンジニア求人も一緒に探しながら転職活動を進めていましたが、その中で自分にぴったりの求人を提案してくれ、最終的にWebマーケターとして転職成功できました。

Webマーケティング以外の仕事と悩んでいる場合でも歓迎されてますので、ぜひ相談してみてください。

マスメディアン公式HP※完全無料。5分程度で完了します。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人数No.1を誇る大手転職エージェントサイトです。

業界を問わない豊富な求人数と高品質が評判です。

リクルートエージェントの特徴
  • 求人の量と質が圧倒的
  • 職務経歴書・面接対策が充実
  • 企業への営業力と内定率が高い
リクルートエージェント公式HP※完全無料。3分程度で完了します。

 

dodaエージェント


dodaエージェントは10万件以上の求人数を誇る転職者満足度No.1の大手転職エージェントサイトです。

dodaエージェントの特徴
  • 実践的な面接対策などが評判高い
  • 担当者の当たり外れが少ない
  • きめ細かい対応とスピード感がある
dodaエージェント公式HP※完全無料。3分程度で完了します。

良質な求人という定義は人それぞれですが、ここでは社員に気遣いできる社風かどうかを判断するためのポイントを解説します。

  • 副業OK・フレックスタイム制導入
  • コーヒーマシンなどを導入
  • 会社名を検索して上位にあるか確認

 

その会社のフットワークの軽さを判断するには副業OK・リモートワーク・フレックスタイム制度が導入されているかを見るといいです。

特にWebマーケティングは副業に活かしやすいスキルなので、現時点で副業する予定がなくても必ずチェックしておきたいところです。

Webマーケターは副業している人が結構いるので、自然にしたくなることもあります。

 

すごい些細なことですが、こういうきめ細かいところに社員を気遣える社風かどうかが現れます。

もちろんコーヒーではなく軽食とかで判断してもOKです。

 

会社名を検索して上位にあるか確認

これは会社が検索から集客できているかを確認するのに効果的です。

たとえばSEO事業を行っている会社なら『会社の居住地名 + SEO』などで検索すると、その会社のポジションを判断する指標になります。

Webマーケティング会社への転職なので、検索経由での実績を挙げられているか確認するのは重要です。

 

Webマーケティング業界は未経験で転職できる?

2020年時点では未経験でも転職可能です。むしろ楽勝と言ってもいいくらいです。

なぜならWebマーケティング業界は圧倒的に人材不足だからです。

転職サイトで『Webマーケティング』とか『Webマーケター』と検索したら未経験可の求人がゴロゴロ出てきます。

9割以上のマーケターが社内の人材不足を感じているとのアンケート結果がありますし、様々な業界でWebマーケターの価値が見直されていることも後押しするでしょう。

スポンサーリンク

未経験からWebマーケターに転職するのに必要なスキルレベルは?

どんなWebマーケターになりたいかによりますが、まだ決めていないなら下記のことを学習していれば問題ありません。

  • SEOの基礎知識
  • 広告運用の基礎知識
  • Googleアナリティクスの基礎知識

SEOなら『沈黙のWebマーケティング
広告なら『広告の基本』を読めば概要は分かると思います。

スクールに通って学習してもいいですし、独学でも構いません。

Webマーケティング学習はスクールと独学どっちがいい?それぞれのメリットとデメリットを解説
これからWebマーケティング学習を始める方、Webマーケターに転職したい方に向けて、Webマーケティング学習はスクールと独学どっちがいいのかを解説している記事です。それぞれのメリットとデメリットを踏まえて、あなたに最適な学習方法を提案します。

 

Webマーケティングを仕事にするメリット

Webマーケティングスキルを身につけると下記のメリットを享受できます。

  • どこでも通用する人材になれる
  • 無限大に稼げるようになる
  • 自由な働き方を実現できる

 

どこでも通用する人材になれる

Webマーケティングできる人材は業界問わず求められています。

WebマーケといえばITというイメージがあるかもですが、実は飲食でも建築でも金融でも色々な業界でWebマーケティングは必須の時代です。

Webから集客できれば、わざわざ人材を営業派遣とかしなくていいですからね。

特にコロナウイルスの影響で色々な業界がWebマーケティングの重要性を認識し始めている傾向があるので、Webマーケができる人材はどこでも通用する人材になれます。

 

無限大に稼げようになる

副業をしたり個人でビジネスをすることで無限大に稼げるようになります。

後ほど年収を上げる方法でも触れますが、おすすめの副業はブログアフィリエイトです。

会社員と並行してできますし、個人でできるのでローリスクハイリターンを得られる可能性が最も高い方法です。

 

自由な働き方を実現できる

Webマーケティングは場所を問わず働ける仕事です。

会社で働くこともできますし、リモートワークできる仕事もゴロゴロあります。

特に業務委託(フリーランス)だと週1〜3日勤務とか当たり前ですし、週1日働くだけで月20万円くらいもらえる仕事もそこら中に落ちています。

週1日勤務で月20万円の案件を5つほど掛け持ちして月100万円くらい稼いだり、月4〜5日だけ働いて月20万円もらうという生活もできます。

自由度が非常に高い業界なので、人それぞれに合った働き方を実現できます。

スポンサーリンク

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングの仕事内容は大きく2つあります。

  • SEO,SEM
  • 広告運用

SEOは『検索結果で上位表示する』ために行う施策ですね。

“SEO対策”とか”検索エンジン最適化”とも言われます。

広告運用はHPに広告を出稿する仕事です。

主にキーワードを考えたりアクセス解析を行います。

リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などがあります。

 

Webマーケターのキャリアパス

Webマーケターのキャリアパスは色々ありますが、大きく分けて以下の通りです。

  • 昇進
  • 転職
  • 独立

 

昇進する

一つの企業に勤め続けて昇進することです。

役職をもらえるくらいになれば年収は跳ね上がります。

昇進後のキャリアはそれぞれですが、チームリーダーやディレクター的なポジションを任されるようになるのが王道のキャリアパスです。

 

転職する

Webマーケターとして違う職場へ転職することで年収を飛躍的に上げることができます。

私の知人では年収450万円→800万円の企業に転職できた人もいます。

職種を変えるなら『Webディレクター』がおすすめです。

Webディレクターを簡単にいうと”プロジェクトの指揮をとる人”です。

デザイナーやエンジニア、ライターなど様々な人と関わりながらプロジェクト進行を管理します。

Webマーケティング知識が必要なことが多いので、次のキャリアとしても人気が高いです。Webマーケターの経験があれば年収はかなり上がる傾向にあります。

 

独立する

Webマーケティングの知識と経験があれば独立はわりと簡単です。

フリーランスとして活動するのもいいし、個人でビジネスを立ち上げることも可能です。

Webマーケターを求めている企業は腐るほどあるので、仕事探しに困ることは考えにくいです。

独立後の働き方の選択肢が無限大にあることがWebマーケターの魅力です。

 

Webマーケティングで年収を上げていく方法

ずばり『副業すること』です。

これが王道かつシンプルに年収を上げていく方法になります。

Webマーケターは会社員として年収あげるのも比較的簡単ですが、自分で売上を立てるスキルを社外で活かさないのはもったいないです。

 

おすすめの副業

副業のおすすめはブログアフィリエイトです。

Webマーケティングとは”Webに集客して売上を立てる仕事”なので、最も応用が効きやすいのは自分で媒体を作ってしまうことです。

もしくはクライアントワークを請け負うのもいいでしょう。

たとえばクラウドテックとかCARRY MEには高単価な案件がゴロゴロ落ちています。

 

まとめ

Webマーケティング転職に役立つおすすめの転職サイトとエージェントを中心に、Webマーケターとしてのキャリアパスや稼ぎ方などを紹介してきました。

ここで本記事の内容をまとめます。

おすすめの転職サイトとエージェント

未経験からのWebマーケティング業界への転職は2020年時点では楽勝です。SEO・広告運用・Googoleアナリティクスの基礎知識があれば尚いいです。

良質な求人を見つけるポイントは『副業OK・リモートワーク・フレックスタイム制度・コーヒーマシンなどの備品』が導入されていることと、会社名検索で上位にあるかを確認することでしたね。

Webマーケターのキャリアパスは大きく分けて『昇進・転職・独立』の3つ。年収を上げていくには『副業』することが重要です。

エンジニア転職と迷っている人へのアドバイス

最近のトレンドとして「エンジニアになりたい」という人が急増しています。

一部の界隈で「プログラミングは稼げる」という発信が目立っており、それに後押しされている人が多いという背景があります。

「プログラミングとWebマーケティングどちらを学習すればいいですか?」という質問も見かけることも増えました。

しかしここで断言します。

  • 転職しやすさ
  • 高収入
  • 自由な働き方

実はエンジニアよりもWebマーケターの方が以上の要件を満たしている傾向があります。

Webマーケターに関する情報発信をしている人が少ないのであまり知られていませんが、上記に関しては明らかにエンジニアよりも優位性があります。

詳しくは以下の記事で解説していますので、エンジニア転職を迷っている方はご参考ください。

プログラミングとWebマーケティングはどっちが稼げる?将来性と学習の難易度についても解説
プログラミングとWebマーケティングに興味があるけど、どっちに進めばいいか分からないという人に向けて書いた記事です。どっちが稼げるか?どっちが将来性あるか?どっちが学習の難易度は低いか?という視点からご提案させていただきます。

 

最後に:Webマーケティング業界の将来は明るすぎます

Webマーケティングの需要はものすごい勢いで伸びています。

特にリモートワークや在宅ワークが推進されるようになってから、企業はWebマーケティングの重要性を認識するようになっている傾向にあります。

喉から手が出るほどWebマーケターを欲しいと思っている企業は腐るほどあるので、転職はそう難しくはないです(2021年以降になると転職希望者が増える可能性も)。

Webマーケティングはまだまだブルーオーシャン。
最近の社会情勢から考えても将来の伸びは約束されているようなものなので、これから転職するにはうってつけの業界です。

Webマーケターになりたい人は早めに転職することで、将来の選択肢はかなり広がります。

まずは転職サイト・エージェントで未経験可の求人を見て、それから経験者のみ募集の求人を見ると将来の年収や働き方が見えてくるはずです。

 

おすすめの転職サイトとエージェント

マスメディアンだけは必ず利用したい転職サイトですね。

ここにしかない未経験可の高年収求人もあるのでチェックしてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました